作詞ラブ①

最近めちゃくちゃ、作詞にハマってしまいまして。
最初は好きなタイドラマの主題歌や挿入歌を日本語で歌いたくなって、歌詞をつけ始めたのですが、曲の音数が決まっているという制限のある中で詞を作る面白さにすっかり目覚めてしまいました。

こんなコンクールも見つけて応募してみました。

児童向けの合唱曲なら滑舌的にも歌いやすい言葉がいいかな、とか、子どもにとってより好奇心のきっかけになる言葉選びは…とか、いろいろ考えるのが楽しい作業でした。

これまでのリライト歌詞

とにかく曲先で歌詞を書くことをもっとやりたいなあ…ということで、これからは外国語曲にオリジナルの歌詞と、意訳の歌詞をつけてみるということをやってみようかと思っています。

しかしその前に今回は、今まで作ったタイドラマの歌の意訳・リライト歌詞をここに紹介します。

1曲目。
ドラマ『Bad Buddy』挿入歌
Just Friend?
https://nekocap.com/view/WwcQ3Dm52c
NekoCapという動画に外部サイトから字幕が付けられるサイトを利用してYouTube動画に歌詞字幕を付けています。上記リンクから見られます。

作詞創作を始めてかなり初期につけた歌詞ですが、音へのハマり方はとても上手くいったと自負している作品です。
「もう”友達”のリミットさ」は本当によく思いついたなといまだに自画自賛し続けています(笑)

ちなみに…NekoCapサイトで再生する時、YouTube自体の字幕の設定をオンにしていると、YouTube公式についている直訳の字幕と重なって表示されてしまうのですが

この右下の部分を操作して字幕オフにしないと字幕が二重になる↑

↑のようにあえてオンにしてカーソルを画面上に置き、直訳字幕と見比べながら動画を再生すると、音に合わせた日本語歌詞がどれくらい元の歌詞の意を汲み、どれくらい変えているかがわかるという裏技があります。
(そんなん私自身しか楽しくないかもしれないけど笑)

ちなみに私の日本語版歌詞は、複数の方の日本語訳と英語訳などを参考にして作っています。

2曲目。
ドラマ『2gether』エンディングテーマ
คั่นกู / KAN GOO
https://nekocap.com/view/V3CIO9PAgj

この曲のタイトル『 คั่นกู / KAN GOO』は、ドラマのタイトルである『คู่กัน / KOO GAN』(ペア、一緒、カップルといった意味)を組み替えたアナグラムだそうですが、同時に「俺の盾(間に入るもの)」といった意味合いの言葉にもなるそうです。
まさに、他の人からのアプローチの盾になってもらうために「偽の彼氏になってよ」と頼んだことから始まるドラマ『2gether』のストーリーを表しているタイトル。
私はタイ語は全然わからないのですが、サビにも同じ”คั่น / KAN”(間に入るもの)の言葉が使われて、韻を踏むように「kan」の発音が多用されているようにも感じたので、内容は意訳しつつ、日本語版でも「kan」の音を多く入れて作ってみました。

3曲目。
ドラマ『Still 2gether』主題歌
Still Together
https://nekocap.com/view/xucHXpjQix

『2gether』の続編スペシャルドラマとして放送された『Still 2gether』の主題歌です。
KAN GOOの方は、恋が始まったばかりで浮足立っている夢見がちな雰囲気を意識したのですが、こちらは本編の1年後ということで、もう少しだけ成熟した関係性になっていることも感じながら作りました。
映画版のさらに大人になった歌詞も今後作ってみたいですね。

この曲はなんといってもラップに苦労しました。
韻を踏むってどういうこと!?というところから始まり、試行錯誤してなんとか作り上げましたが、ラップバトルで即興で韻を踏める人の脳内ってどうなってるの?と思った一曲です。

4曲目。
ドラマ『Cutie Pie』主題歌
My Cutie Pie
https://nekocap.com/view/NvBwr2v6di

これは、原曲の歌詞からして大好きな曲です。
ポップで可愛くちょっとヘンテコな部分もある感じはアイドルソングっぽい雰囲気。しかしその実、とても大事な自己肯定について歌っている詞だと思います。
他人からの要求に合わせなくていい、ありのままの君でいいんだよ、というメッセージを「可愛い」で表現するというのがまた、今の若い子っぽくて面白い。
日本語詞も、詩らしくきれいにまとめるよりは、若者の話し言葉のような、ちょっとダサカワポップな感じを目指してみました。

ちなみにタイ語で「可愛い」を表すポピュラーな語「น่ารัก(ナーラック)」は、 言葉の成り立ちとしては
น่า(ナー)=~すべき
รัก (ラック)=愛する、愛
となっているそうで、奇しくも日本語の「可愛い」の漢字と同じ成り立ちをしているんですね。
それもあってか、「น่ารัก」 はぬいぐるみやアクセサリーなどに普通にcuteの意味でも使うけれど、「いい人」という意味でも使われるそうです。親切にしてくれた人に、相手がおじさんでも上司でも「ナーラック(可愛い)」って言うの、なんかいいですねえ…

5曲目。
ドラマ『Cutie Pie』挿入歌
How you feel ?
https://nekocap.com/view/9lehZt16mi

『Cutie Pie』は主演のNuNewくんが天使の歌声とも呼ばれる素晴らしい声を持っているのもあって、挿入歌がたくさん出てきます。
「敬語で問い詰める重めの恋愛ソング」というテイストにしてみました。

6曲目。
ドラマ『Cutie Pie』挿入歌
เปลี่ยน(変わるよ) ※日本語タイトルは私のオリジナルです
https://nekocap.com/view/nDxYDuUZ7f

また『Cutie Pie』からです。
この作品、挿入歌がストーリーにもかかわってくるのもあって、歌詞を作りたい欲が湧きます。歌っているNuNewくんが永遠に聴いていたいような素晴らしい歌声なのも一因ですね。

サビの歌詞が、日本語で入れられる音数とタイ語の原詞の内容量にだいぶ差があり、実際にはほぼ同じ歌詞を繰り返しているサビを毎回違う歌詞にすることで日本語の言葉数の少なさを補っています。

今後も続くよ作詞ラブ

こんな感じでタイドラマの曲の日本語版歌詞を作ることは、これからもやっていくかもしれませんが、今後はさまざまな外国語曲にオリジナル歌詞と意訳歌詞をつけるという試みをしていく予定です。

とにかく曲に合わせて歌詞を作ることが楽しいので、ご自身の曲やお好きな外国語曲に日本語歌詞をつけてほしいという方がもしいたら、ぜひお声がけください。

素材出典:photo AC

Please follow and like us:
error