BLへ愛をこめて②~カラダのフシギ編~

※このシリーズは、「BL実写ドラマが注目を集めているのは良いことだけど、それと比較してこれまでのBL漫画や小説が軽く見られるのは違くない?」という思いから、実写化に値する素晴らしいBL(とその他のジャンル)の作品を紹介していく不定期連載です。
(詳しくは BLへ愛をこめて~イントロダクション~にて)

去年からタイのBLドラマにハマり、最近ではフィリピンや韓国・台湾・日本のものも含めて実写BLばかり見ているのですが、その中でいろいろと発見もあります。

その一つが、「男性のトップレスと、女性のトップレスのエロさに差はないんじゃないか」ということです。

この世界では、女性が上半身裸になることの方が、男性よりずっとタブー視されています。男性が上半身の服を脱ぐ映像は水泳シーンなど全年齢向けでも普通に流れますが、女性が胸をあらわにしたら、ほとんどの場合年齢制限がかかります。

しかしBLドラマでは、男性のトップレスを見て、その人に好意を持っている男性がドキドキして目をそらしてしまったり、逆に食い入るように見つめてしまったりします。
そういう表現を見ているうちに、私もだんだん男性のトップレスシーンに、何かいけないものを見てしまったような気持ちを抱くようになったのです。

そもそも、女性の”おっぱい”だけが”エッチ”だなんて、でたらめだったのでは?
女性だって男性と同じように、スポーツの後上半身裸になって汗を拭いたっていいし、男性も女性と同じように、胸を見られるのが嫌だったら嫌だと拒否していい。
男の体も女の体も等しくエロくて、等しくエロくなくて、等しくデリケートで大切なもの。そんな共通理解が広がっている世の中になったら、それってすごく生きやすいんじゃないかなあ…と。

File2
『そして続きがあるのなら』
『帰らなくてもいいのだけれど』
『そしてすべてが動き出す』

私が10代の頃から愛し続けているBL漫画家、内田カヲル先生。BLに限らず入れ替わりの激しい漫画業界で、現在に至るまで20年以上描き続けてくれている貴重な作家さんです。

私が内田先生の作品に最初に衝撃を受けたのは、ひとえに筋肉でした。それまで目にしていたBL作品は、女の子のような中性的な「受」が主流だったのにも関わらず、内田作品には「攻」よりも体格の良い「受」が登場する。さらに、その筋肉隆々の「受」に対して「攻」は、「おっぱいが大きい」「ムチムチしてエロい」「可愛い」とメロメロです。

これはBLにおける一つの革命であり発見といっても過言ではないと思います。体格が良く筋肉のしっかりついた”男らしいマッチョな体”が、男から性的に眼差される体になり得るのだという。

当然それは、ゲイ男性にとってはずっと前から自明のことだったでしょう。しかし、世の中の一般的な「カラダ」の見方として、いまだに”女性”表象のほうが”男性”表象よりも、絶対的に(相互的・相対的にではなく)エロティックで欲望をそそるものだという観念が根強くある 。それは、ヘテロ女性の性欲がどれだけ透明化・不可視化されてきたか、ということの証左でもあるでしょう。
そんな中で、女性主体の文化であるBLにおいて、20年も前に”男性的でマッチョな体”を、”可愛くエロティックな体”としてしまうところまで降ろしてきた、内田先生をはじめとする筋肉BL作家さんたちの功績は、大きいのではないでしょうか。

そして不思議なことに、それまでは「誰かを可愛がる側」にしか当てられてこなかった大きな体の男性が「誰かに可愛がられる」という表現に、シスジェンダーでレズビアン女性であるはずの私も、とても癒されたのです。
それは、誰の心にもあるマッチョイズムが慰められるような感覚だったのかもしれません。

あらすじ

漫画家とその才能に惚れ込んだ男を描く、3巻にわたるシリーズ。
麻雀漫画雑誌の編集者として仕事にやる気を見いだせない日々を送っていた坂口は、高校時代に漫画の天才と見込んだ後輩・藤代と偶然再会する。しかし藤代は、もう漫画を描くのをやめたと言い、今はコンビニのバイト生活。
何とか再びペンをとらせたい坂口と、漫画の才能に全振りで生活能力ゼロの天然ボケ藤代。この再びの出会いが、2人の運命を変えていく。

実写化してほしいポイント

胸の谷間。この作品のものすごいところとして、まずこれを言わずにはいられません。

出典:『そしてすべてが動き出す』118p

坂口は、 「受」でありながら「ヤクザみたいな人」と言われるほど目つきも態度もガラも悪いコワモテキャラ。しかしなぜかいつも胸元のざっくり空いた服を着ていて、パッツパツの胸の谷間を覗かせています。
そんな坂口に高校時代から夢中だったことを告白する藤代は、堪りかねてこんなセリフ。

「先輩はッ…ドロ●ジョ様みたいにエロかったですもん!
胸の谷間が…ッ いつも…チラチラ見えててッ」

「胸の谷間」って、一般的には女性の体における、女性性の強調された表象と考えられているものですが、その実、男性が鍛えてマッチョになると胸は大きくなり、谷間が出来るわけです。そしてそれを「抱かれたい体」としてではなく「抱きたい体」として愛でる「攻」。
うーん。言葉で説明しようとすると、パラダイムシフトが起こりすぎていて、ちょっとわけがわからなくなりそうですね。とにかく私は、世の中の「男のカラダ」の定義に、内田カヲル作品は少なからず変革をもたらしたと思うのです。

・内田カヲル作品のもうひとつの魅力は、あくまで甘くて可愛いラブストーリーとして楽しめる、エンタメ作品であること。
他のBL作家に比べても、「とにかくお互いのことが大好きな2人」という設定や表現が多いのは、内田作品の一つの特徴です。
かつてボーイズラブ作品は、ただ男2人のラブシーンが見たいという欲望だけで作られた「ヤマなし・オチなし・イミなし」の「やおい」作品と呼ばれていました。しかしカルチャーというものはさらなる可能性を探求するもの。近年のBL作品は、ストーリー性を重視し、登場人物の深い心理的葛藤や、社会的事象を盛り込んでいる作品も増えています。
そんな中、内田作品は過去から現在に至るまで、何よりもまず「甘くラブラブな男2人」と「エロ」を読者が楽しめることに主眼を置いているように見えます。しかしそれでいて、ストーリーもしっかり面白いんです。
読者の需要(欲望)も満たしつつ、物語の面白さも味わえるのは、内田カヲルマジックともいえるのではないでしょうか。

・そして、2人がカップルとなった後、周りのほとんどの人はその事実を知らずに話は進んでいくのですが、知らなくてもどこか「この2人は2人で一つ」と理解しているような描写があります。
この2人の絶妙な「甘々なのにバディ感」は、ぜひ実写でも再現してほしいところ。
麻雀漫画誌編集部を辞めて、藤代のマネージャーとなった坂口を元いた編集部の人たちは「寿退社」だと言います。そこには性愛であってもなくても、同性同士の関係性にもっと無限の可能性があることが示されているようにも感じます。

出典:『そして続きがあるのなら』70p

・さらにこのシリーズ、エンタメとして読者に夢を見せることを叶えながら、実は 2作目『帰らなくてもいいのだけれど』では、 「親へのカミングアウト」というシビアなテーマも描いているのです。
売れっ子漫画家になったことを親に知られた藤代が、ほぼ絶縁状態だった実家に呼び出されます。坂口とパートナー同士であることをカミングアウトして勘当される藤代ですが、その後の坂口の行動と、坂口家の実家の人々と出会う展開が、なんとも心温まります。

出典:『帰らなくてもいいのだけれど』126p

いかにも家父長制ゴリゴリの坂口父が「世間様にどう顔向けするつもりだ!」と吠えると、他の坂口家の温かく理解の早すぎる人々がフォローして、上手くいなしてしまう展開は、ちょっとご都合主義にも映ります。しかし、そこには同性愛当事者がほっとできる優しさもあると思うのです。

・さらに特筆すべきは、坂口の母親の表情です。
坂口家に到着してすぐ、坂口の「雇い主」だと紹介された藤代に愛想よく振る舞う母。しかし、藤代が「先輩…何も言わないけど…いつも優しくて…」と話した瞬間、母の目は、単なる「息子の雇い主」ではなく「息子の理解者」を見る、深い優しいまなざしに変わります。

出典:『帰らなくてもいいのだけれど』122p

こうした細やかな表現に、私は内田先生の人間愛を感じます。坂口家の人たちはもちろん、元からセクシャルマイノリティについて詳しいわけではなさそうです。彼らは何より、坂口という人間をよく理解しているのでしょう。
社会的テーマを誠実に描くことと、読者が辛くならずにエンタメとして楽しめるものを描くこと。その絶妙なバランスは、人間のどうしようもないところや取るに足らない些細なところまでも愛する、内田先生の 精神によって成されているのかもしれません。

実写化にあたって修正してほしいポイント

・とはいえ内田カヲル作品、レーティングなしで販売されるものとしては、かなりエッチです。

BL作品のレーティングのないエロ表現問題に関しては、ゾーニングされてしまうと18禁コーナーに女性は入りにくい(セクハラや痴漢の恐れがある)という難しさがあります。
個人的には、最近では漫画本にビニール包装をつけない書店の方が少ないので、表紙は全年齢見ても問題ないものにして、しかしレーティング表記はしっかりするという対応が一番妥当なのではないかと考えています。
しかし、全書店に同じ対応を求められるかというと難しいし、レーティング表記がついた瞬間に、書店に置くことじたいを敬遠されてしまうという問題もあります。
その結果、かなり過激なエロ描写を含むBL作品の多くがレーティング・ゾーニングなしで市場に出回っている現状があります。これは「BLに問題がある」という方向ではなく、「女性がエロを楽しむことに市民権がない」という根本的な問題から検討されるべきことではないかと思います。

実写化での修正として考えるなら、直接的なエッチシーンはほぼ無くさないといけませんが、これは原作のあるタイBLドラマではほとんどすでに行われていることです。しかしエロスも売りの内田作品、『TharnType』とか『WHYRU!?』とか『MannerOfDeath』くらいのエッチさは期待したいですね!

・上記以外はこの作品に関しては、ちょっと坂口の暴力が漫画表現的にキツめなところか、カップルが日常の延長でエロモードになるのどうなの、的なところくらいで、ほとんど修正してほしいポイントはありません。
しかし、コミックスに同時収録されている短編にはいくつかnon-conだったり、強引に迫ってセックスに持ち込んだりする作品が入っています。
実写化にあたっての修正ポイントとは少しずれますが、これからこの作品を読もうとしている方は、そこだけちょっと注意が必要です。

キャスティング会議

さてやってきました、(私が)楽しいキャスティングのお時間です。今回もまたタイ俳優キャスティングで参ります。

坂口虎信役・Joss Way-Ar

筋肉が素晴らしくてセクシーダイナマイトな俳優といったら…
…Jossじゃん。となりました。
ドラマ『3 Will Be Free』では何でも来いのパンセクシャルSEMEという感じの役でしたが、それならば器のでかいUKEも似合うはず!こんなセクシーダイナマイトにUKEをやらせない手はないでしょう。
Joss本人は穏やかそうな人ですが、コワモテっぽくも見せられると思うので、「ヤクザみたい」と称される坂口も演じられそうです。

藤代新(ペンネーム藤代改)役・Luke Ishikawa Plowden

内田先生の筋肉BLは、「筋肉攻」×「筋肉受」の場合も、「華奢攻」×「筋肉受」の場合もあるのですが、本作は「攻」の藤代もかなり体格が良いので、だったらLukeだろうと。
Lukeくんもセクシーガイなイメージですが、どこかJossとは違って「SEMEのセクシー」っぽさがより強い気がするんですよね…。しかし、〆切に追われてしょぼしょぼしていたり、情けなく泣きついたりするオタクキャラの漫画家を演じるLukeくんも見てみたくありませんか!?

※これまでタイの俳優名は基本的にチューレン(タイでは本名並みによく使うニックネーム)+本名(ファーストネーム)で表記していましたが、 Japanese-AmericanのLukeくんはどうもチューレンがなさそうで、どこまで表記するのが妥当なのかわからないので、フルネーム表記にしました。

ちなみにLukeくんとJossくんはプライベートで仲が良く、一緒に遊んでいる写真をよくSNSに載せています。そして2人とも筋肉がすごい。

なんでそんなに脱いでいるのかはわかりません。

ちなみに筋肉が素晴らしい俳優というところでは、まっとぅん(MaxTul…現在絶賛放送中『Manner of Death』の主演コンビ)とかも考えましたが、Tulさんはちょっと顔が優しすぎるかなと…でもいつもぐずぐずUKEの胸に泣きついている天然ボケSEMEのMaxさんは結構見てみたいですね…。

本作はほとんど2人だけをメインに展開し、脇役は本当に脇役という感じなのですが、実写化するならアシスタントのほのぼのコンビ・桜田くんと草野くんをKhaotungとMike、チャラめの担当編集・永山さんをToptap、代打アシスタントに来た大高くんと松原くんをFlukeFirstとかで、脇役カップル(あるいはゴーストシップ=公式ではないけれどくっつけたくなるカップル)を乱立させてみるのも良いかもしれません。

ところで、脇役の中でも坂口の元同僚でファッション誌を立ち上げた湯川さんだけは、他に考えられないキャストがいます。

なかなか「らしさ」が伝わるお写真がなかったので動画で。
Pompam Nitiさん。ドラマにもたくさん出ていますが、バラエティ番組 「ToeyTiewThai」と「TalkwithToey」 のプロデューサー兼MCとしても知られている方です。 オープンリーゲイであり、両番組ではクィア関連のテーマを多く扱っているそう。
湯川はゲイではない設定ですが、雰囲気が似ていすぎる…!

***

さてさて、次回はそろそろBL以外の作品を取り上げたいなー、と考えています。

当初はBLとその他の作品を交互にしようかと思っていましたが、主題が「BLに愛をこめて」なので、やはりBLを少し多めに扱っていく所存です。

素材出典(アイキャッチ): photoAC
引用画像出典: 『そして続きがあるのなら』内田カヲル著・竹書房・2009年発行
『帰らなくてもいいのだけれど』内田カヲル著・竹書房・2011年発行
『そしてすべてが動き出す』内田カヲル著・竹書房・2012年発行

Please follow and like us:
error